作品の感想や日記などを記していくブログ

日々の中で起こった些細なことや作品の感想などを書いていくブログです

星座と神話についてまとめる

蘭たろです。

都内ではどうしても街灯や町の明かりなどの影響で、星の光をそこまで

綺麗にみることができませんね。

 

昔から都内暮らしなので、なかなかはっきりと

星を観察する機会がありませんでした。

 

しかし、星自体は大好きなので

たまに図書館にいっては星座や神話についての本を眺めていました。

 

そしてたまに都会を離れるとそこには美しい星空が広がり

思わず見とれてしまっていたのを思い出します。

 

今回は自身が忘れないためにも、中でもお気に入りの星座と神話についてまとめていきたいと思います。

 

 

~星座の起源~

さて、私たちが知っている星座やそれにまつわる神話など

いったいいつ誰から語り継がれたのでしょうか。

 

星座が初めて誕生したのは今から5000年以上前の

メソポタミア地方(現在のイラクだといわれています。

 

ここには「シュメール人」と呼ばれる人たちが住んでいました。

彼らは星の動きによって、時間や季節を知る術を持っていたそう。

 

目印となるような明るい星を毎晩観測していたのかもしれませんね。

そのうちに、彼らは星々をつないで身近な動物たちや

彼らの神様の姿、伝説の英雄の姿を夜空に当てはめていきました。

これが、星座の始まりだと言われています。

 

一方、古代ギリシアでは、神話が作られ語り継がれていました。

彼らは自然の中のすべてのものの中に神を見出し、無数の神々を生み出して

いたそうです。

 

神様の一般的なイメージといえば、威厳があり人々を高い位置から

見下ろしている、そんなイメージだと思います。

 

しかし、ギリシアの神々は泣いたり、怒ったり恋したりと、とても感情的で

人間らしさがある神でした。

 

このギリシア神話が、メソポタミアから伝わった星座と結びつき、

世界に広く広がり後世まで語り継がれてきたと言われています。

 

 

~星座にまつわる神話~

ここからは、私のお気に入りの神話をピックアップし

星座と結びつけながら、簡単に解説したいと思います。

 

▽オリオン座

オリオン座は冬を代表する星座です。

1月下旬のころ、南の空を見上げるとはっきりと夜空に浮かんで見えますよね。

誰にとっても身近な星座の一つなのではないでしょうか?

 

右手にこん棒を持ち、左手で獲物の毛皮を盾のようにかざす姿に

なっているそうです。たくましいですね。

 

オリオンは海の神ポセイドンの息子です。

長身で美男子でしたが、少々乱暴なところもありました。

オリオンは王女メローペに恋をし、彼女を妻にしたいと国王に

申し込みました。しかし王女も国王も

乱暴なオリオに対して今一つ好意を持つことができません。

そこで国王はオリオンに「島を荒らしている野獣たちを退治してくれるのなら

結婚を認めよう」と伝えます。

もちろん、そんなことは到底不可能だと思ったからです。

しかし、オリオンは見事にやり遂げてきてしまいました。

王は何かと口実を作っては、王女との結婚を先延ばしにしていました。

 

ある晩、オリオンはお酒が入った勢いで王女を自分のものにしてしまいました。

これには、王もかんかんに怒りオリオンを酔っぱらわせ、眠っている間に

両目をえぐり取り、浜に捨ててしまいました。

 

盲目になっていまったオリオンは諸国をさまよい

足が不自由な鍛冶の神様、ペーパイストスと出会います。

 

オリオンを気の毒に思ったペーパイストスは

「太陽神ヘリオスの館にいきなさい。ヘリオスの輝きをその目に受ければ

再び視力を取り戻せるだろう。」と伝えました。

言われた通り、オリオンはヘリオスの館で再び視力を取り戻すことが

できました。

 

その後、オリオンはクレタ島に渡り、月と狩の女神アルテミスの

目に留まり、しばしばお供をするようになります。

そして、恋人同士のように狩りをする姿が見られました。

 

アルテミスは生涯独身を通さなければならない女神です。心配になった兄のアポロン

妹を問いただしましたが、アルテミスは笑って相手にもしませんでした。

 

ある日アポロンは、遥か沖合の海を歩くオリオンを見つけます。アポロンはオリオンにきずかれないよう、彼の頭を光り輝くようにしてしまいます。

 

何食わぬ顔で妹をオリオンの頭が見える海岸まで連れ出すと、

「アルテミス、お前は狩の女神なんて言われているが、いくらお前でも

あんな遠くにある小さな光を射抜くことなどできまい」

と挑発しました。

 

ムッとしたアルテミスは兄の策略ともしらずに見事、その光を射抜いてしまいます。

やがて、オリオンが浜に打ち上げられたのをみて

アルテミスは真実を知りました。

悲しんだアルテミスは父ゼウスに頼み、恋人オリオンを星座に上げてもらいました。

 

彼女が月の馬車で夜空を走るとき、いつでも会えるようにしてもらったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の感想 PART2

蘭たろです。

相も変わらず暇ならHuluでなんとなく見たいものを見る日々。

うちにはWiiUがリビングに置いてあるので、家族がいないときとかは大画面で映画やドラマを鑑賞できるのでありがたいです。

ストレス解消にもなりますしね。

 

今回も前回と同様、映画の感想を書いていきたいと思います。

 

 

バッドボーイズ1・2」 評価★★★★☆

~あらすじ~

犯罪都市マイアミで起こる事件に対し二人の警察が任務を命じられる。

家族思いで日々の生活に追われるマーカスと

親の財産でリッチな生活を送るマイク。

マイアミ市警きっての敏腕刑事コンビがはちゃめちゃに事件を解決していく。

 

主演はマーティン・ローレンスにウィル・スミス

アクションは豪快で見ていて飽きないが、コメディ要素も強く軽快で日常パートも

楽しく視聴することができました。

主人公二人は凹凸コンビでありながらよき相棒として描かれていたことも

よかったと思いますね。

 

「E.T.」 評価★★★★★

~あらすじ~

ある日地球に置き去りにされてしまった迷子の宇宙人と

10歳の少年エリオットとの忘れられない旅を描いたスピルバーグ監督の傑作

 

初めて映画を最後まで視聴して、愛され続けている理由が

わかりました。

子供たち3人とETの絡みには思わず笑わせられることがありました。

大人たちから逃げるところや、有名な自転車で宙を飛ぶシーンにはグっときましたね。

ETとエリオットの友情、そして最後の別れのシーンは悲しくも心が満たされたような気がします。

 

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー」 評価★★★★★

~あらすじ~

変わり者のドク・ブラウン (クリストファー・ロイド) が造り上げたデロリアンのタイムマシンで1955年にタイムトラベルしてしまったティーンエイジャーのマーティ・マクフライ (マイケル・J・フォックス)。そこでマーティが直面するハプニングにより彼自身の未来が消えてしまう危険にさらされる。

 

いや、面白かったです(笑) 最近見た中じゃ一番かもしれないですね。

もともとトリップものが大好きなので上手くツボにハマった感じでした。

とにかくすごいわくわくしながら視聴できました。

兄弟と自分の写真がどんどん消えていくところでは、ハラハラしながら

見ていました。変わり者のドクもいいキャラだったと思います。

親同士を結ばせるために主人公が必死になるというのも面白かったです。

クライマックスまでのテンポもよく最後まで楽しく見ることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題のHuluに登録してみた~最近鑑賞した映画やアニメの感想まとめ~

こんにちは蘭たろです。

普段空いた時間に何か有意義なことはできないかと思い

そういえば漫画とか本は読むのにあんま映画とかは見ないな~と気づいたので

一か月ほど前から映画やドラマ、アニメなどが見放題と話題の

「Hulu」の会員になってみました。

 

 

結果、「今までなんで登録してなかったんだろ・・」と思ってしまうくらい

最近はHuluに時間を取られまくっていますね。はい

 

月1000円ほどで本当にいいのか??

と疑ってしまうくらいに内容が充実していると思います

 

元が海外の会社らしいので洋画が多いのですが

有名な作品も多くまったく不満はないです。(そもそも私はほとんど洋画しかみないので十分満足しています)

 

最近ですと、ハリーポッター全作品期間限定で見放題とかありまして

今までなかなか見ようと思っても見れなかった有名作品とか

こういうのを機会に見れるのは本当にありがたいですね。

 

また、更新頻度も早く今のところまったく飽きる気配はないです。次々に新しい映画が入ってくるので^^

 

しばらくは毎日のように映画鑑賞することになると思っています

Huluに感謝です、本当に

 

ここからは最近見た映画やドラマ特撮の感想を書こうと思います。

 

 

プリズン・ブレイク」全シーズン1~4 評価★★★★☆

~おおまかなあらすじ~

ある事件で濡れ衣を着せられ、囚人となった兄を助けるため

主人公マイケル・スコフィールドは自ら銀行強盗を行い兄が収容されている

刑務所に入所する。そこで兄を救出すべく監獄から脱獄する入念な計画を企てる。

 

このシリーズを見ていると久々に

ドラマでハラハラドキドキできているなと感じます。

次々と問題や危機が主人公を襲い、ギリギリで解決していくので見ていて飽きることがありません。どんどん引き込まれていくように感じます。

 

特に次回への引きがすごく上手くて「あともう1話だけ・・!」てな感じのことを

何回も繰り返しちゃってますね。おすすめです

 

 

グラン・トリノ」 評価★★★★☆

~おおまかなあらすじ~

妻に先立たれ、一人暮らしになった頑固な老人ウォルト。

人に心を許さず自宅の芝生に一歩でも侵入されればライフルをつきつける。

そんなウォルトの隣に住んでいるのは少年タオ。彼は仕事もなく、学校にも行かず

自分の進むべき道がわからずにいた。

挨拶すら交わさなかった二人だがある日タオはウォルトが大事にしているヴィンテージ・カー(グラン・トリノ)を盗もうとする。タオの謝罪を受け入れた時から二人の奇妙な関係が始まるー。

 

個人的なこの作品の見どころは、だんだんと周りのひとに心を許していくウォルトの変化と、少年タオの成長だと感じました。

ラストでは、愚かな争いからタオとその家族は命の危機にさらされてしまいます。

その時のウォルトの決断には考えさせられるものがありました。

怒りに任せた報復は本当に正しいことなのか。

あらためて大事なことを問いかけられたような作品でした。

 

つづきはまた次回^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鬼滅の刃(きめつのやいば)」~今最もはまっている少年漫画について~

こんにちは蘭たろです


私、実は10年ほど前からの週刊少年ジャンプ愛読者なのですが・・
近頃あまり「これ、めっちゃ面白いじゃん!」と心ときめくような新連載とあまりであうことが
ありませんでした。
しかし、最近本当に、ドはまりしている作品があるんです


その名は
「鬼滅の刃」という作品。

 

「どうせすぐ打ち切りになるんじゃないの・・・?」


「なんかジャンプっぽくないよね?」


そんなこと言われたりもしていますが
いやいや本当に面白いんですよ!^^;

 

~あらすじ~

時は大正時代。炭を売る心優しき主人公・竈門炭治郎(かまど たんじろう)は

ある日鬼に家族の命を奪われてしまいます。

唯一生き残ったのは妹の禰󠄀豆子(ねずこ)だったが、鬼に変貌してしまう。

家族を奪った鬼を倒すため、また妹をもとに戻すため

炭治郎と禰󠄀豆子は旅立ちます。

 


確かに個性が強い作風なので人によって合う合わないが
別れる作品だと思います。


ですが、事実
最近はほかの連載作品に負けないくらい勢いがありますし
掲載順位も安定して前のほうにのっているので
面白いのは間違いないと思っています。


天然なのかわざとやっているのかわからない
シュールな場面がたくさんあるんですけど割とそこが最大の魅力なのかなーって
思ったりもします。
そのおかげで作風が暗いはずなのに暗くないというか
ドキドキしながらも安心して読むことができます。

 

また、出てくるキャラのほとんどが個性的すぎるところもこの漫画の

大きな魅力だと思います

最初の頃は、炭治郎と禰󠄀豆子の二人で旅をしているのですが、

最近は新しい仲間も増え、ますます賑やかで面白くなってきました。

 

戦闘シーンも迫力満点で見ていて飽きません。

炭治郎が繰り出す必殺技や鬼たちが持つ能力など

次はどんな技が出るのかわくわくしながら読み進めています。

 

まあ、個人的に絵柄が好きってこともあり一番はそこかもしれませんね(笑)

 

まだ始まって間もない作品ですがテンポやセリフ、展開も面白く

最近は毎週の楽しみになっています。
おすすめできる漫画なので少しでも気になっているのなら
ぜひ多くの人に手に取ってみてほしい作品ですね。

 

「ポケモン超不思議のダンジョン」~感想~

ポケモン超不思議のダンジョン」が発売され
一年ほど経ったと思うので、改めて評価していきたいと思います。

本作はポケモン不思議のダンジョンシリーズの最新作でありながら
今までの集大成ということで、より全体のクオリティが高くなったように感じました。

前作「マグナゲートと∞迷宮」では、登場ポケモンが150体と少なかったり、
ダンジョン攻略がマンネリ化するなどの不満点がありましたが
そのほとんどは解消されていたと思います。

 

▽ストーリー
ポケモン不思議のダンジョンシリーズの魅力の一つは
何といっても心に響くストーリーにあると思います。これは過去作にも当てはまりますね^^


主人公はある日突然、ポケモンの子供になってポケモンの世界にやってきてしまった
元人間なのですが、自分の名前と人間だったこと以外の記憶を失くしています。

路頭に迷い三体のオーベムに襲わているところを、たまたま通りかかったコノハナに助けられ
おだやか村にあるコノハナの家に居候しながら記憶をさがすことになります。
その村でパートナーと運命的な出会いをして、振り回されながらも賑やかな学校生活を送ります。

ある日パートナーから「ポケモン調査団に入ってこの世界の謎を解き明かしたい」という
夢を明かされ、友情の証「きずなのスカーフ」を二人で分け合い
村から旅立つことを決めます。

一方その頃、世界のあちこちでポケモンが石化する事件が多発していました。

 

大まかなあらすじはこんな感じです^^
今回新鮮に感じたのは、学校生活ですね
クラスメイトや先生たちも個性的で楽しいキャラクターが多く、懐かしい小学校時代を思い出しました。

また、キーアイテムとなる「きずなのスカーフ」の設定もよく出来ていて
中盤の演出には思わず鳥肌が立ちました。

その他調査団のメンバーたちもよかったですね。
方向音痴な団長デンリュウを筆頭に
お茶目な団員や面倒見のいい先輩たちが多く、
飽きずに物語を進めることができました^^

 

 

 

ダンジョン

今作、ダンジョンの難易度は歴代でもっとも高いと感じました(笑)
それぶん不思議のダンジョンシリーズが好きな人にとっては
面白く感じるのではないでしょうか。

また、新しい道具「リングル」と「ラピス」の登場により
これまでより格段にダンジョンを見て回るのが楽しくなりました。

登場ポケモンが720種類になったのもうれしいですね。
ORASまでのすべてのポケモンメガシンカを見ることができます^^

ただ、今回主人公とパートナー以外の仲間のポケモン
一度一緒にダンジョンに行くとしばらく使えないといったようなシステムに
変更されました。
私は使うポケモンがかたよらなくなりいい案だと思いましたが
これには賛否両論ありますね。

 

 

 

▽BGM

今作も文句なしです!
ポケモン不思議のダンジョンシリーズは何といってもBGMがいいんですよね。

個人的に印象に残っているのは
「パートナーのテーマ」や「たくされた希望」 「炎の島の火山」あたりですかね。

それと、曲名は伏せますが今回もラスボスの曲は
めちゃくちゃかっこよかったです!

「パートナーのテーマ」はクリア後にきくとまた違ったように聞こえてきて
思わず泣きそうになりましたね(笑)

また、これまでのシリーズで登場した有名な曲もあり
過去作もやってきた私としては嬉しく
そして懐かしさも感じました。

 

 

 

▽全体の感想

今作もラストで泣きました^^;
ポケダンは本当に私の「思わず泣くツボ」をついてくるように
感じます。
BGMとセリフで泣かせにくるところ、ずるいです(笑)

今回ファンサービスも多いと感じました。
ダンジョンの依頼人や町にいるポケモン
過去作に登場した「あっ!こいつ知ってる^^」みたいなポケモンが多くて
個人的にうれしかったですね。

ただ、少し残念だったことは
クリア後の要素があまりなかったところですかね。
まあ、地道に全ポケモンを集めたりしてるだけで楽しいのですが

(時闇空がありすぎただけかもしれませんね・・・^^;)


今作はストーリー、難易度 BGM グラフィック
全てにおいて満足してプレイすることができました。

自信をもっておすすめしたいゲームです^^

「四畳半神話大系」 森見登美彦 ~感想~

私は断固として目をつぶらぬ所存である。
でも、いささか、見るに堪えない。

こんにちは 蘭たろです
今回は2010年にアニメ化もされている「四畳半神話大系」という小説の感想を書いていこうと思います。

森見登美彦さんの作風は独特でよく人を選ぶと聞きますよね。
夜は短し歩けよ乙女ペンギン・ハイウェイなど(ほかの作品はのちのち書こうと思います)

読書家の姉に勧められ読んではみたものの
見事に森見ワールドの虜になってしまいました(笑)

思えばあまり本を読むことがなかった私が
本に触れるきっかけを作ってくれた作品のように思います。
それほど森見さんの書く物語は独特で面白い上に
飽きずにテンポよく読むことができるんですよね^^


さて、この作品の特徴的なところといえば
”4つの平行世界で繰り広げられるストーリー”
というところですかね。
いわゆるパラレルワールドというやつです

 

▽あらすじ
「主人公は京都の大学に通う冴えない大学3回生
バラ色のキャンパスライフをおくるはずが
悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、
孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。
いっそのことぴかぴかの1回生に戻ってやり直したい!」

そんな感じで1回生の時に選んだサークルによって
主人公の大学生活がどのように変化していったか
4つの可能性をかいた物語です。

 

▽個性的すぎるキャラクターたち
なんといっても登場するキャラクターたちが面白いんです(笑)

悪友の小津は妖怪のような見た目をしていて、天の邪鬼であり
他人の不幸をおかずにして飯が三杯食えるそう。


孤高の乙女・明石さんは理知的でクールな黒髪乙女であり歯に衣着せぬ物言いで
周囲を寄せ付けませんが、蛾が唯一の弱点であり蛾を前にすると
「ぎょええええ」と漫画のような悲鳴を上げて取り乱し

 

小津が「師匠」と慕う樋口清太郎はいつでも同じ紺色の浴衣を着ています。
彼は茄子のような顔にいつも暢気な微笑を浮かべ、顎には無精ひげが生えているが
どことなく高貴な見た目らしい。
モラトリアムの象徴のような大学8回生。


ほかにも数人個性的で面白いキャラクターが登場するので、
ぜひ読んで確かめて欲しいです^^

 

私は特に主人公のひねくれた性格がツボでしたね(笑)
読んでいて共感する部分も多くあった感じはします。(これは多分人によりますが・・・)